マーキング

道端のそこかしこに糞が落ちている!? なんてことは随分なくなりました。 しかし、おしっこはどうでしょう。 犬を飼っていない方には、電柱や塀の壁にかかったおしっこの跡やニオイを嫌がる方も多々いらっしゃいます。 迷惑なことに車のタイヤに毎日おしっこをかけられて困っている方もいらっしゃいます。 こうして、わんちゃんがお外で足を上げておしっこをすることをマーキング言います。 単に排泄処理を目的とした時と、自分の縄張りを誇示するために行なっている2つに分けられます。 現代社会で犬を飼うには、飼い主になる方にも糞の処理同様、最低限のマナーと理解が必要です。 先ずは、どんな時にマーキングをしがちなのか例をご紹介します。
  • お散歩時に、電柱やフェンス、家の壁、草むらなどがあると足をあげてしまう。
  • 立ち話や信号待ちをしている時でも街路灯や木の根にマーキングしている。
  • 人の足元の臭いをかいでいるなと思ったらいきなり足をあげておしっこをかけようとする。
  • 家に設置してあるケージから外に向けておしっこを飛ばす。または家中におしっこをする。
要するに、そこかしこにするということです。 うちの子はメスだから大丈夫。なんて考えていてはいけません。 メスだってマーキングをする子はいるんです。 ◆どういった子がマーキングをして、どんな子がしないのか?
  • やはりオスはほとんどの子がします。
  • 小型犬~大型犬など大きさは関係なく、活発なわんちゃんほど頻繁にする傾向にあります。
  • 犬や人に対して、強気なわんちゃんもかなりの確率でマーキングをします。
  • メスでも権勢欲が強いか、気の強い子は足をあげてする場合が多々あります。
◆原因 犬は元来群れをなして集団行動をとって生きていました。群れの中で統制をとるためには上下関係をしっかり位置づけることにより、無用な争いを避けてきたわけです。ペットとして飼われるようになってもその本能は残っており、お散歩時などに足をあげてマーキングをするのは、いわば自分の縄張りを主張し守ろうとする本能なのです。 ◆対処方法 わんちゃんにマーキングをさせないようにするしつけは一般の方にはかなり難しい部類に入るトレーニングですし、私はそこまでする必要性を感じません。しかし、だからといって放置してはいけない部分もあると考えるので、最低限覚えておいていただきたい対処法を列挙することにします。 1.電柱や壁、木などにマーキングしている場合 先程も記載したとおり、おしっこをしなくするというのはわんちゃんの健康面にもあまりよくないので、そこまでトレーニングする必要はないかと思います。しかし、本能だからとおしっこをそのままにしておいては、時には異臭も発生しますし、不潔に感じる方にも不快感を与える結果になってしまいます。 おしっこをした場所に市販の水筒に水をいれてマーキング部分を洗い流してあげるマナーは必要かと思います。当店では使用済みペットボトルのキャップ先端部分に穴を3つ程度あけて水筒代わりにしてつかっています。 自分の子供は可愛いのは当たり前ですが、みんながみんなそう思っているとは限りませんからね。 2.家の軒先や車のタイヤ、したら困るところにマーキングしている場合 マーキングが縄張り意識から来る権勢行為だとすれば、他の犬がマーキングした部分に自分のおしっこをかぶせようとします。これは他の犬のおしっこより高い位置に、さらに自分のおしっこをかけることによって、「俺の方が強い!おれの縄張りだ!」と主張しているわけですが、かといってワンちゃんがおしっこした後だからとそこかしこにされても困ってしまいますよね。 そんな時はお散歩時がほとんどだと思いますので、リードコントロールで乗り切りましょう!リードコントロールは、わんちゃんがおしっこを被せに行こうとしたらマーキングをさせないようにリードをしっかり引いてその場でしないように教えます。踏ん張ってその場を動こうとしないわんちゃんもいるでしょうが、そこはリーダーシップを貫いて飼い主様もゆずってはいけないポイントですので負けないようにしたいところです。一番いいのは行こうとする気配を感じた瞬間にすばやくリードを別方向に引き、気を散らせることです。いつもの散歩コースならどこでおしっこをするのかは大体把握できますからね。 3.家の中でマーキングしてしまう場合 何度も言いますが、マーキングは権勢行為です。自分の縄張りを主張し、守るためにする行為です。 その点を理解した上で読み進めていくと理解しやすいかと思います。 まず、他の犬がいない家の中なのに何でマーキングをするのか? それは、ワンちゃんが家族のみなさんより自分の方が上だと思っている可能性が高いのです。前述しましたが、群れで生活する中でボスの目の前でマーキングをする行為は極めて挑発的な行為であり、決闘の合図にもなりかねません。ワンちゃんを甘やかして逆に「世話をさせている人」になっていませんか? マーキング以前に、根本的にリーダーシップを取り戻す作業から始めることをオススメします。お困りの際はお問い合わせください。できる限りアドバイスさせていただきます。経験上わかりますが、最後は飼い主様の覚悟次第で何とでもなります。 ※家の中に設置してあるサークル内から外に向けて足をあげてマーキングする行為に関しては、特に矯正する必要はないかと思います。ワンちゃんがサークル内を自分の居場所として認識していることと、そこが安心できる場所だと理解しているためです。もしお困りでしたらサークルの周りにもトイレシート敷いたりして対応してください。 ◆去勢手術でマーキングを治す ほとんどのオス犬がマーキングをするとお伝えしましたが、生後6ヶ月から1年前後の大人になりきる前に去勢手術をするとマーキング行為が改善される場合が多々あります。これは、去勢手術をすることによる男性ホルモン(テストステロン)バランスが減少するためです。簡単に言うと雄としての闘争心が少し薄れるので縄張り意識に執着しなくなるわけです。 手術をする時期や個人の性格などによる個体差はありますが、アメリカの調査・研究結果ではマーキングが50%程度減少するとのこと。子供を生ませたい方や、必然性のない手術は可哀想だからやめておくと言う方もいらっしゃるでしょう。しかし、早期の去勢手術は将来的な腫瘍やガン発生率を大幅に減少させ、ストレス軽減により寿命が伸びるなどのいい面も含めてご検討いただければと思います。 ◆犬の雑学(JHPAより抜粋) 〈すべては嗅覚の良さから〉 犬のおしっこには様々な情報が含まれています。その情報には、性に関するものもたくさんあって鋤鼻器官という特殊な嗅覚をもっています。臭いで相手の犬がオスかメスかはもちろんその大きさや年齢もわかると言われています。 また、犬は排便が終わると、肛門の両側にある肛門腺から2滴の分泌液を出します。この液には様々な化学物質が含まれていて、そこにいろんな情報が隠されているのです。 なかには、この液を自分で出す事が出来ずに、肛門腺が膨らんでくる犬がいますので、その場合は臭いのをがまんして、絞ってあげましょう。 〈メスだって例外ではない〉 マーキングはオスだけとは言えません。オスほどではなくてもマーキングで縄張りを主張するメスもいます。また、家の中でおしっこをあちこちに付けるメスも います。メスは普通、半年に一回くらいヒート(発情期)がやってきます。このヒートで生理的におしっこをあちこちにして歩くという行動があります。この場 合もすぐ拭いて消臭スプレーなどで臭いを消すことが大事です。オスの去勢の話をしましたが、メスについても、避妊手術によって、ヒートでの問題行動からあ る程度開放されますし、望まれない妊娠の心配をしなくてよくなったり、オスの去勢と同じように腫瘍、がんなどの防止、寿命が伸びるなど良い面もあります。

お問い合わせフォーム




子犬販売ペットだワンならきっと貴方の素敵なパートナーが見つかるはずです。貴方のお住まいの近くで見学できる子犬を探しやすいように地域別に掲載しておりますので、「全国区」「関東圏」「関西圏」をクリックして気になる犬種をクリックすれば現在の子犬出産情報をリアルタイムでご覧いただけます。
ペットだワン担当犬舎のブリーダーを対象に子犬を探す
全国のブリーダーを対象に子犬を探す 埼玉県を中心にした見学可能な関東地方で東京神奈川群馬栃木茨城千葉のブリーダーの子犬を探す 関西地方の三重大阪兵庫京都滋賀奈良のブリーダーを対象に子犬を探す

 お支払方法

- 銀行振込(みずほ銀行)
- クレジットカード払い

 ご購入までの流れ

ご検討からご購入まで。そしてお客様のもとに子犬が届くまでの行程はこちらをご覧ください。
「見学申込」→「ご見学」→「契約書締結」→「子犬代金入金完了」にてご購入完了となります。

ご購入までの流れ 購入後の手続きとスケジュール

 お届け後のアフターケアについて

当店は子犬のお引渡しが済んでからが真にお客様と向き合う時間のはじまりだと考えております。カワイイ子犬が家族になって終わりではありません。それぞれ個性があったり飼い主様の知らない動きをしたりと振り回されないためにもドンドン気になることはご相談下さい。しつけや問題行動、フード選びやワクチン接種などの時期など何でも構いません。ご相談下さい。

ペットだワンのサポート体制について

 お届け方法

当店でご紹介している全ての子犬は、ブリーダー犬舎の親犬の下でお渡し日まで過ごしています。ご希望の子犬はそれぞれ出身地が異なりますので、地域によって以下の方法をご相談させていただき、無事にお届けできるようにしております。

-空輸の場合
       :
JAL、ANAにて最寄りの空港貨物センターへお届け

-陸送の場合
       :
全国対応の西濃運輸にて最寄営業所へお届け(受け取り時間は通常深夜から早朝に
        なります。季節や犬種によっては対応できない場合がございます。)

-当店担当者がご自宅までお届け
       :ご自宅までの距離よってご相談させていただいております。

-現地でお迎えの場合
       :
近隣の方、もしくはブリーダー犬舎に訪問可能な方は直接お迎えにいらしてください。
        犬舎所在地や日時設定をご相談させていただきます。

子犬のお届け方法

 お引渡し日について

当店では、犬種によって子犬のお引渡し日が多少異なりますが、通常生後56日以降からを目安にお届け日を設定しております。子犬の社会化定着や体調を考慮してのことですのでご了承ください。早期お受け取りは犬種や犬舎によって異なりますので都度ご相談ください。

 各種無料保証について

当店では、かわいいワンちゃんに万一のことがあっても飼い主様に安心していただけるよう各種保証・保険をご用意しております。お迎え日から1ヶ月間、最大100%の医療保障と、最大6ヶ月の生命保証を無料でお付けしております。

詳しくは、ペットだワン安心生体保証制度
任意加入保険ついては、ペット保険について

 注意事項

-キャンセルについて-
ペット通販は、子犬という生体を扱う特殊性を要しているため一度ご発注いただいてからのお客様都合によるキャンセルは当該子犬の販売機会の逸失となり原則受け付けておりません。 ただし、当店の明らかなミス(希望の犬種や性別など、発注内容と相違がある場合)によりキャンセルに至った場合は、当店からお客様にキャンセルを申し出、事前にお振込みいただいた金額を全額返金いたします。

-お引渡し後の引き取りまたは返還について-
生体販売はクーリングオフ制度適用外になるため原則お受けできません。ただし、当店の明らかなミス(犬種、性別、事前告知のないものによる健康不良など)による場合は除外。

特定取引法に基づく表記

 お問い合わせ
子犬販売ペットだワン
T.049-261-3405(10:00~19:00)
E-mail: info@pet-da-wan.net
 ペットだワンの子犬お届け可能地域は全国対応しております。

■北海道
■東北/ 青森|秋田|岩手|山形|宮城|福島
■関東/ 東京|神奈川|千葉|埼玉|茨城|栃木|群馬
■甲信越/ 山梨|長野|新潟
■中部/ 静岡|愛知|三重|岐阜
■北陸/ 石川|富山|福井
■関西/ 大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山
■中国/ 岡山|広島|鳥取|島根|山口
■四国/ 香川|徳島|愛媛|高知
■九州/ 福岡|大分|佐賀|長崎|熊本|宮崎|鹿児島
■沖縄
※子犬を事前に見学しご契約を済ませたお客様を対象としております。